食べ物の性質と体の調え方

食べ物の性質は、「温める性質」「冷やす性質」の二つに分けることができます。
例えば、体が冷えているのに、生野菜サラダを山のように食べたり、冷蔵庫から出したばかりのヨーグルトを食べれば、胃をさらに冷やしてしまいます。

体が冷えているときは、どんなものを食べましょう?
冷えているのですから、温めたいですね。
やや温める「温性」、温める力が強い「熱性」の食べ物をいただきます。温・熱性の食べ物は、胃腸を温め寒さを散らし、血行をよくします。引き上げるはたらもあります。(焙煎したものは、温める性質です。)

〜温・熱性の食べ物と調理法〜
・甘くて辛いもの、色が濃くて辛いもの、粘りのあるもの、赤くてあまり水っぽくない果物。
【きび、黒米、もち米、からし菜、かぼちゃ、ニラ、ネギ、玉ねぎ、らっきょう、薬味に使われる野菜、よもぎ(乾燥)/あんず、さくらんぼ、ざくろ、さんざし、もも、ライチ、ドリアンなど】

・性質をいかす調理法(果物を除く)→蒸す、煮る、焼く、炒める、煮込む、揚げる
※「温・熱性」は、薬酒向きです。

体にほてりや乾燥するときは、どんなものを食べましょう?
夏の暑いとき、更年期のホットフラッシュなど、体がぽっぽとすることがあります。
そんなときは、熱を取り除いたり、体を潤す食べ物をいただきます。やや冷やす「涼性」、冷やす力の強い「寒性」があります。涼・寒性の食べ物は、熱を下げイライラをしずめます。解毒、利尿、乾燥肌を潤したり、乾燥便の便通をよくします。

〜涼・寒性の食べ物と調理法〜
・酸っぱいもの、白いもの、繊維の多いもの、水っぽいもの。
【あわ、麦(小麦・大麦・はと麦、蕎麦)、豆腐、緑豆(もやし、はるさめ)/アスパラガス、アロエ、きゅうり、空芯菜、くわい、ごぼう、うり、セロリ、たけのこ、大根、レタス、トマト、なす、人参、白菜、ほうれん草、レンコン、わらび、よもぎ(生)/伊予柑、柿、キウイフルーツ、スイカ、なし、バナナ、マンゴー、メロン、ゆず、りんご、あけび、びわなど】

・性質をいかす調理法→生食、ジュース、サラダ、和え物、湯通し、水っぽいものに火をいれるときは、サッと調理します(水溶性ビタミンは火に弱い)。

穏やかな性質「平性」
うるち米などのように穏やかな「平性」の食べ物は、他の食べ物とも合わせやすいです。(ウーロン茶のような半発酵したものは平性です。)

〜平性の食べ物と調理法〜

(うるち米、ぬか、とうもろこし/芋類、豆類(緑豆、豆腐は涼性)/カリフラワー、キャベツ、春菊、チンゲンサイ、モロヘイヤなど/梅、パイナップル、ぶどう、みかん、きんかん、いちじくなど)

・性質をいかす調理法(果物。除く)→蒸す、炊く、煮る、スープ、発酵、お茶、サッと火を入れる(炒める、焼く)

 

人参は涼性、ゴーヤは寒性

人参は涼性、ゴーヤは寒性

*性質は、合わせ方でやわらいだり、強くなったりします。
大根を、天日に干したり煮ると甘くなり、冷やす性質はやわらぎます。大根(涼性)とキュウリ(寒性)は、共に水っぽい野菜です。その性質をいかすなら、サラダや和え物でいただきます。真夏のほてる体を潤しますし、おいしいなあと感じると思います。けれど、湿気の多い梅雨や冬の体には合いません。梅雨でも、ホットフラッシュ(更年期の症状)があるときは、大根おろしも合います。
自然と人間の体とのつながりは、奥深くて…おもしろいです。