食べ物の選び方

日本には古くからふだんの日を「ケ」、お祭りや行事のように晴れやかな日を「ハレ」と呼んで使い分ける風習があります。ハレの日の食卓は、ふだんとは違うお祝いの食事が並ぶので幼い頃はワクワクしたものです。ここでは自然エコ料理の食べ物の選び方を紹介します。

ハレの日の食事

ハレの日の食事

食べ物の選び方
できるだけ旬のもの、新鮮なものをいただきます。(皮やアクもできるだけいただきます。)
加工品や調味料は、手に入りやすいものの中で、できるだけ自然な姿に近いもの、生きているものを選びます。体にやさしいだけではなくて、結果的に家計にもやさしいです。

〜食事は、体にやさしく、おいしく、楽しく〜
・サラダなど生のままでお野菜を食べるときは、もぎたてに近い方がおいしいです。イキイキしていますし、栄養や歯ごたえもあります。体が潤います。

・冷蔵庫に保存しておいたお野菜を調理するときは、常温に少し置いて冬眠から起こしてから調理に。葉っぱがしなしな〜となっているときは、お花のように水を差してあげましょう。茎が開いて息を吹き返します。

・みずみずしさがない?!と思ったら、漬物にしたり天日に干しましょう。水気がなくなっているので、漬ける時間は短く、おいしくいただくことができます。

りんごの酸味を生かしたアップルパイ

~素材の味をいかす~
・甘みを加えたい…そんなとき、お砂糖を使わずに干しレーズン、なつめなど甘みのある果物や野菜を使ってみませんか。やさしい甘みでしっくりしますよ。砂糖とは違った甘みやこくを楽しめます。

*皮を分厚くむいて、皮を干したり、お茶に入れてもおいしくいただけます。葉っぱ+皮+根っこ…無駄なものはありません。皮や根っこの方が、冷やす、温めるはたらきが強いことも。アクが体を調えることもあります。