カラダ喜ぶ食べ方とは?

ヤギや牛の胃袋は、いくつあるかというと…4つもあるそうです。同じ哺乳類でも、こうした違いがあるのですから、自然は不思議で、すてきです。
私たち人間の胃袋は1つで、消化は口でかみくだくことから始まります。かみくだかれた物は食道を流れ、胃や十二指腸でさらに細かくなってカラダに吸収されてゆきます。

私たち人間は、口に食べものが入ると、無意識に「かむ」ことをします。かむことで食べものをくだいているのですが、「かむ」といっても人それぞれ。ザックリ粗めにかむ人もいれば、細かくかみくだく人もいます。ドロドロになるまでかむ人もいます。カラダにとってどんな食べ方がやさしいかというと、カラダの立場で想像してみると…どうでしょう?

胃にやさしく吸収しやすい形は、点滴のような液状に近い状態…と考えると、ドロドロになるまでよくかみくだいたものの方が、カラダは喜びそうです。よくかむことで、飲みこんだときに危ない骨などに気づくことができますし、唾液がよく出るのでのどの通りもよくなります。

それから、「かむ」ことは口の元気にもつながるんですよ。少ない量で満腹を感じるのでお腹もスッキリしてゆきますし、家計にもやさしい食べ方ともいえそうです。

*胃腸の調子がすぐれないとき、消化のよいものを食べることがあるかと思います。このときもよくかんでいただきます。かむことは胃腸を回復につなげます。

七草粥もよくかみます。

七草粥もよくかみます。

歯と食べもののつながり
ヤギ、牛の歯の本数は何本かというと…人間と同じ32本だそうです。ヤギや牛は上顎の歯がなく、上の歯茎と下顎の歯で草を切り取り食べます。肉食動物の虎やワニがもつ歯は、包丁のようにするどいため動物を食べることができます。

人間の大人の歯はどのようになっているのか。片側を覗いてみると、ノミのような形でかみ切る役割をする切歯が上下に2本ずつ、その外側に犬歯が上下1本、その後にすりつぶす役割をする臼歯は上下10本があります。人間は三種類の歯をもっているので、いろいろなものを食べることができるのです。さらに、人間は刃物や火を使うことで食べられるものを増やしてきました。

けれど、人間も動物であるという原点に立つと、人間の主食は穀物で、お肉や魚はそれほど食べなくても生きることができる動物…といえるかもしれません。

和食
日本の風土に合った食事「和食」は、世界に誇れる文化。「和食はおいしいだけではなく、食べる人の健康への気づかいや、自然とのつながりをたいせつにする日本人らしい食事だ」と感動する外国の人は少なくないそうで…ちょっぴり嬉しいですね。

食事をするときは、和えものなどあっさりした野菜からいただくと、食事をよりおいしくいただけます。血糖値が急激にあがるのをおさえることもできますので、糖尿病の人にとってもやさしい食べ方です。

ケの日の食事

ケの日の食事

〜食べもののはたらき〜
・ご飯など糖質…カラダのエネルギーとなり、体温を調節する。
・あぶらなど脂質…カラダのエネルギーとなり、内臓の位置を安定させ保護する。温度を保つ。
・ダイスや魚など蛋白質…筋肉、血、皮ふ、爪などを作る。
・玄米、ゴマ、海草、野菜、小魚などミネラル(カルシウム、リン、鉄など)…カラダのバランスをととのえる。
・色の濃い野菜などビタミンA…脂質の消化吸収をたすける。気持ちをやすらがせる。
・米ぬか、酵母、胚芽、実などビタミンB1…糖質の消化吸収を助ける。気力を高める。
・味噌、ぬかなどビタミンB2…成長を助ける。不足すると、ヒフあれ、口内炎、興奮しやすくなる。
・色の薄い野菜などビタミンC…蛋白質の消化吸収を助ける。細胞を活気づける。
・干し椎茸、切干大根などビタミンD…骨を作る。カルシウムの吸収を助ける。
・色の濃い野菜、海草、ゴマなどビタミンK…血を汚すしたり、多量出血を防ぐ。
・胚芽、色の濃い野菜などなどビタミンE…細胞を元気にする。妊娠を助ける。高齢になるととても必要。