噛むことは元気をつくる

ヤギや牛の胃袋は、いくつあるかというと…4つあるそう。
同じ哺乳類でも違うんですねー。
自然がうみだすものは、不思議ですてきです。

私たち人間の胃袋は、ひとつです。
消化は、口でかみくだくことから始まります。
かみくだかれた物は食道を流れ、胃や十二指腸でさらに細かくされて、体に吸収されます。

消化や吸収が早いものは?
点滴のように液状に近いほど、消化は早くなります。
こんなお話をすると「毎食スムージーにするわ!」
そんな声が聞こえそう…けれど、大切なのは「よくかむ」ことですよー。

”かむ”って、どういうこと?
”かむ”ことで、食べ物が口に入ったことを脳に信号を送っています。
”かむ”ことで、食べ物の中に骨など危ないものがないか確かめることができます。
”かむ”ことで、飲み込みやい形にすることができます。
”かむ”ことで、唾液がたくさん出るので、食べ物を包んで飲み込みやすくなります。
”かむ”ことができれば、いろいろな食べ物を食べることができます。
”かむ”ことができれば、気力、体力をついてゆきます。
”かむ”ことができれば、食べる楽しみが増えます。

”かむ”ことは、かたいものを食べなさいっということではないんです。
ごはん、お味噌汁、煮物…なんでもよくかんでいただきましょう。
”かむ”ことは、生きることにつながるから…。

*胃腸の調子がすぐれないとき、お粥など消化のよいものを食べることがあるかと思います。このときも、よくかんでいただきましょう。かむことは胃腸を回復につなげますし、気力にもつながります。

*食べるときに、姿勢を起こすと”かみ”やすく、飲み込みやすくなります。自分の力で支えられないときは、クッションなどを支えにして姿勢を起こしましょう。

七草粥

七草がゆ

歯の形と人間の食べ物
ヤギ、牛の歯の本数は何本かというと…人間と同じ32本だそうです。ヤギや牛は上顎の歯がなく、上の歯茎と下顎の歯で草を切り取り食べます。
肉食動物の虎やワニがもつ歯は、包丁のようにするどいため動物を食べることができます。

人間の大人の歯はどのようかというと…
片側を覗いてみると、ノミのような形でかみ切る役割をする切歯が上下に2本ずつ。その外側に犬歯が上下1本、その後にすりつぶす役割をする臼歯は上下10本。人間は三種類の歯をもっているんですね。
いろいろなものを食べられるのは、歯のおかげ…。

さらに、人間は…
刃物をうみ、火を起こし、干したり、発酵を生み出し…知恵と工夫は、食べられるものを増やしてきました。んーーースゴイ。

でも?ちょっと待って…
”人間も動物”という原点に立って、食事内容を見直してみると…
歯の形や本数からすると…主食は穀物、お肉やお魚はそれほど食べなくても生きていけ…そうです。

お坊さんの食事といえば
お肉やお魚の変わりに大豆を工夫した精進料理が有名です。
1日の食事は、朝のお粥と空腹を満たすほどのわずかな食事…そういうお坊さんは今日もいます。
食べものを足すのではなく、引いてゆく…
こういう家ごはんで体を軽やかにするのも、ときどきはよさそうです。

・ケの日、ハレの日
・家ごはん
・一物全体
・体と食べもの色合わせ
・味と体のつながり
・季節と家ごはん
・調味料の選び方

・噛むことは元気をつくる
・塩の特徴と使い方
・砂糖との付き合い方