塩の特徴と使い方

海の恵み「自然塩」
海の結晶”塩”。自然塩がもつものと海がもつものは、ほぼ同じ。ナトリウム、カリウム、マグネシウム、鉄などのミネラルを豊富に含み、私たちの体の中でこんなはたらきをします…。

・ナトリウムは、食欲や消化酵素を高めて消化吸収に関わります。神経と筋肉をしずめ排泄をスムーズにするはたらきがあります。リンパなど津液(シンエキ)の主な成分です。

・カリウムは、むくみの解消やとりすぎた塩気を外に出すはたらきがあります。

・マグネシウムは、血圧や体温を保ったり筋肉のはたらきをよくするはたらきがあります。

・鉄は、造血、成長促進、機能向上などにはたらきます。

沖縄竹富

沖縄竹富

「自然塩」と「食塩」の違い
海に囲まれた日本は縄文時代頃から海をすくいあげ乾かし残った塩を使っていたようです。現在、日本で作られている塩は大きく分けると「自然塩」と「食塩(精製塩)」の二種類があって、ヨーロッパのように海から離れた土地では、岩塩が取れ使われています。

「自然塩」は、海水をろ過し、熱や風などを加えながら凝縮したものなどがあります。味はまろやかさや甘みがあっておいしいです。体に入ると調子をととのえるはたらきもあります。

「食塩」は、自然塩にさらに手を加え塩化ナトリウムだけを取り出した塩化ナトリウム99%以上の塩です。作る過程でナトリウム以外のミネラルをそぎ落とすため、味はピリッと辛く角があります。食塩を使うときは野菜や果物と合わせ余分な塩気を体の内にためこまないようにします。

~塩気摂取量とバランス~
体にとってはたらきやすい体液濃度というのがあって、この濃度が体の調子につながっていると現代栄養学では考えられています。

この濃度に影響するのは、口から入れた塩気と水気と体から出る汗や尿などです。汗をよくかいたときは水気がほしくなりますし、食事はいつもより少し塩気が強い方がおいしく感じるかと思います。これは、体の外へ出た分を体が入れようとするためです。出るものと入れるもの…このバランスはたいせつなのです。

*塩気(ナトリウム)は、魚や肉など動物性の食べ物にも多く含まれています。カラダにナトリウムが増えるとカラダは体液の濃度を薄めようとするため喉が渇きます。このとき、細胞は水分を多く取り込もうとするため血・水の量が増える…血管にかかる圧力が上がり。また、ためこんだ水が細胞からあふれだすとむくみを生みます。食塩や動物性の食べものを食べるときは、野菜や果物と合わせた方が体にやさしい食べ方といえそうです。

*塩気(ナトリウム)を取る量は、女性は7g未満(10歳以上)/男性8g未満(12歳以上)に改定されました(2015年4月)。塩気には、血圧を上げるはたらきもあるため取りすぎると高血圧(上140mmHg以上/下90mmHg以上)を招くことがあります。圧力が強くなると血管の内側の壁が傷つきます。すると、傷口が詰まりやすくなったり、そこから悪玉コレステロールが侵入すれば動脈硬化などの病気が起きます。こうした病気を予防する方法のひとつが、塩気の摂取量の引き下げです。年齢や体格、汗をかく量などによって多少変わりますが目安として覚えておかれるのはよいと思います。体を使い動かすことも予防につながりますよ。

食塩目安:7g

食塩目安:7g

塩のすてきなはたらき
塩には、殺菌や腐敗防止、保存効果を高めたり醗酵を調整するはたらきがあります。消毒効果もあります。梅干や漬物など保存食をつくるときは、ある程度の塩気がカビを生えにくくし、保存をききやすくします。生活の活用法としては、うがいをするときに塩水でうがいをしたり、石鹸がないときは塩で手を洗ってから水でゆすぎます。

塩のはたらき

塩のはたらき

日本では、塩は海の化身と考えられてきました。塩を神への捧げものとし、浄化する(ケガレを祓う)方法として玄関や気が悪いところに置いたり、葬儀から帰ったときにはお清めとして用いられます。日本人にとって塩は食べるだけではなくて、暮らしにとって大切なものなのです。