調味料を食べる

 自然のチカラが生きている…それは、穀物や野菜、魚や肉だけのことではありません。お砂糖、お塩、お酢、お醤油、お味噌、お酒など調味料も同じです。けれど、自然なものの動きはじんわりじんわり。なので、できるだけ安く、早く、たくさん作ろうと思うといろいろなものを加えることになる。

調味料は毎食少しずつ食べるものだから自然に近いものや生きているものをできるだけ選びたいものです。おいしいのは勿論ですが、調理が楽になりますしね。けれど、これもこだわりすぎす。(削りすぎたものを使う場合は、削った部分を他で補いバランスをとります。)

~自然醸造の特徴~
・細胞に活力をつけます。
・血のバランスを保つためにはたらきます。
・腸の環境をととのえます。
・カルシウムの吸収を助けます。

味噌:左が一番若い

味噌:左が一番若い

 

~干物~
日本には、天日に干した食べものもいろいろあります。昆布、椎茸、にぼし、かつおぶし、天草は、陽ざしをたっぷり吸い込んだ干物食で、自然のチカラがいっぱいです。一日のうちのどこかでいただきましょう。

おひさまの力がプラス

おひさまの力がプラス