寺家「ふるさとの森」~2016秋のイベント報告~

からりと晴れあがったこの日、「秋と歩こうかい」を開催しました。

寺家ふるさとの森

寺家ふるさとの森

柿生駅を10時に出発し麻生川、鶴見川沿いを歩いて寺家へ。到着すると刈り終えた田んぼでは稲がもさもさ芽を伸ばし、その上を2匹のトンボがダンスを踊るように飛んでいて、11月半ばであることを忘れてしまうような空気が広がっていました。田んぼを囲む歩道をぐるりと歩いて、ふるさとの森の中へ…

ゆっくり息して手・あ・て

ゆっくり息して手・あ・て

森で出迎えてくれたのは、高いところで色づく紅葉と鳥の美しい歌声。一歩一歩と街の音は遠のき、目はやわらかな緑を、鼻はさわやかな空気を吸い込んで…ふ~~ぅ、気持ちいい~。少しぬかる階段をのぼり、橋を渡って頂きに到着。カラダをゆっくりほぐし、息をととのえてから”手・あ・て”。肺気を補いました。

お弁当タイム

お弁当タイム

よくよく歩いた後のお楽しみ、お昼ごはん。「やっぱり”おむすび”は、おいしいわね~」と皆さん。糠漬け、漬物、朝採りみかんなど、持ち合ったものをおすそわけ。ピーーチュピチュピ、チュチュピチュピ

次郎丸柿

手の大きさほどある次郎丸柿

おひさまが頂点をすぎると、お尻が冷えてくる。暑いといっても11月ですものね。森を出て、野菜の直売店でお買い物。「ちょっと重くなるけど・・・」といいながらも、家族へお土産。自分の背に持てるのは、このぐらいかな…。

枯れ葉道を行く

枯れ葉道を行く

上を見たり、下を見ながらの帰り道。「この花は何ですか?」「これはゴボウ?!」「昔はさぁ…」教科書には載っていないそんな話を聞いてみたり、教わったり。「景色は、違う方がいいじゃない」と、来た道を帰らずに…

下三輪玉田谷戸横穴墓群

下三輪玉田谷戸横穴墓群

手を振り足で地を鳴らしてぐんぐん歩く80代、70代の皆さん。アスファルトの道に慣れている50代、40代、30代の皆さんはその後をドシリドシリ。

風に冷たさを感じる14時、終了地点に到着。万歩計の歩数は1万4000歩ぐらいだとか。ケガなく楽しく秋と皆さんと歩くことができました。

参加された皆さん、お疲れさまでした。次回の15YA健康塾のイベントは「春と歩こうかい」です。