富士山に行ってきました~春のイベント2017~

毎年、春に開催している”春と歩こうかい”。早朝に東京を出かけ山梨県富士吉田市へ。開催日の富士山麓の空は、小さなおまんじゅう、大きなおまんじゅうがぷかりぷかり。お陰さまの歩く日和となりました。
北口本宮富士浅間神社にご挨拶をすませ、そこからもう少し足をのばしたところに目的地の公園があります。

公園に到着早々、荷物を降ろし手足を解放してごろりん。背中で富士山を感じながら吐いて~吸って…おだやかな息を繰り返します。吸う息は空をつれて体に入りおなかで広がって、吐く息は疲れをつれて体の外へ出てゆき、少しずつ、少しずつ、こうやって体の内と外は入れ替わり自然と調和をしてゆきます。

仰向けになり富士山を背中で感じる。


頭とこころもスッキリしたところで体操レッスンのはじまりです。のびやかに伸びをしたり体をねじらせる。体操をしている内にカラダのめぐり道は開かれてゆきます。ふ~~ぅ、気持ちいい~。

お腹がすいたところでお昼ごはんです!今回は、ご要望の吉田うどんをいただきました。喉越しを味わううどんもありますが、吉田うどんはよくかんでいただきます。かたいうどんと茹でキャベツ、自家製の辛みそをちょこっと加えていただくのが特徴です。

お腹を満たしたところで、ゴールに向けて出発。枝を剪定された木々の間を通りゆく風を肌で感じ、あおあおと茂る草や花を眺めながらてくてくてくてく…。

写真の右(富士山)から左へ風はゆく

花をみつけては触れてにおいをかいだり、童心にかえりたんぽぽの茎で笛を鳴らしてみたりと、富士山の息吹を楽しみました。

ゴールの富士吉田の道の駅では、富士山の瑞泉(ズイセン)からひいている湧き水で喉をうるおしました。その冷たさにヒヤリ。この湧き水は40年をかけてここにたどり着くそうです。40年前…何をしてたかしら~?そんな話にひと笑い。

北口本宮富士浅間神社

家族へのお土産を買ったところでイベントは終了。今回もケガなく春の富士山麓を楽しむことができました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。もしよかったら、来年もご一緒しましょう。