瞑想を楽しむ|女性と体操

瞑想って私にもできるんだぁ…
15YA健康サロンのワークショップに参加される方の中には、こうした感想をもたれる方が時々います。
話を伺ってみると、他のワークショップに参加したときに「自分には瞑想は合わない、できないと思ったんです」と…。

ここでは、サロンや女性の体操教室で紹介している瞑想の仕方を紹介します。

瞑想は、古代から伝わる養生法のひとつです。ここでは頭やこころの休息方法のひとつとして紹介します。作用は、気血のめぐりを促し五臓六腑の機能向上、自律神経の調整など。

●座る
床、またはイスなどに座ります。腰をドシリと、背筋は空につるさがっている…そんあ感じで座ります。感覚がわからない方は、ピシッと背筋を伸ばしましょう。背や腰、肩に力が入りますので、ため息をフゥ…吐き出します。胸の緊張がほどけ、腰は自然に湾曲し、余分な力は抜けてゆきます。手は膝の上に、目は鼻先をぼんやり見ましょう。
*イスに座るときは、足の裏を開き床にのせます。

●息をする
吐いて、吸います。カラダの中から出てゆく息をおだやかなこころもちで見守り、吸うタイミングは、自然にお任せしましょう。これを繰り返します。
・出てゆくのは、頭の疲れであり、悩みや不安、五臓六腑の疲れかもしれません。
・入ってくるのは、清らかな空気、おひさまの光、新緑のみずみずしさ、海や山のエネルギーかもしれません。
*終了するときは、お腹に向かって息を吐き、ゆっくり目を開けます。

●もう少し気楽に
背筋は楽にして座ります。やさしい風にゆれる…そんなイメージで、ゆ~らゆ~ら。ここちよくゆれてみましょう。

15YA健康サロンでは、ワークショップを行っています。詳しくは、こちらをご覧ください。→15YA健康サロン