気・血・水

カラダをめぐる大切な3要素
気(エネルギー)、血(栄養)、水(血以外の体液)は、カラダをつくっている大切な要素です。この3つのバランス、めぐり方がカラダの調子をつくっているともいえます。

めぐることは大切なこと

めぐることは大切なこと

気とは?
「気」は、生きるチカラの源です。親から受け継ぐ「先天の気」と自分の呼吸と食事を合わせた「後天の気」が合わさった気で、「元気」「真気」「源気」ということもあります。気の陰(静)にあたる部分を「陰気」、陽(動)にあたる部分を「陽気」と呼びます。

元気=先天の気(親から受け継いだエネルギー) + 後天の気(呼吸と食事からつくられるエネルギー)
*後天の気=呼吸(天の気・陽気)+食事から取り出した気(地の気・陰気)

気は空気のように昇ったり降りたり増えたり減ったりしながら人のカラダをめぐり、成長、機能を調整する/ウィルスなどの侵入を防ぐ/汗を調整する、血やタンパク質など必要なものを外に漏れ出ないようにする/カラダを温める/冷たく重いものを温めて軽くし上昇させる/血と水をつくり出す/血と水のめぐりを導くなどあらゆることに関わります。

気が不足している状態を「気虚(キキョ)」といい、カラダがはたらくために必要なエネルギーが足りないため疲れやすい、だるいなどチカラの弱い症状が現れます。原因には、食事の偏り、過剰なダイエット、過労、胃腸のはたらきの低下などがあります。

気が滞ることを「気滞(キタイ)」といいます。蛇口につないだホースのどこかが詰まっている状態に似ています。詰まったあたりでは「多すぎ」と「少なすぎ」の両方が現れます。気が多すぎれば”ふくらむ””張れる””痛む”という状態が現れます。

気はエネルギーのようなものなので滞ると熱を生みます。熱は上に向かう、乾かすという性質があるため、カラダの水気を奪い乾燥を生みます。気を配る役割は肝であるため、肝の経絡に気滞の症状が現れやすいのも特徴です。気はカラダの中心にこもりやすく、こもるとカラダの防衛力が弱まり風邪をひきやすくなります。

~肝の熱が招く症状~
・肝の熱が心に移ると…不眠、不安、乾燥、不整脈
・肝の熱が脾に移ると…胃痛(炎)、胸焼け、拒食
・肝の熱が肺に移ると…空咳、黄色い痰、気管支炎、アトピー

~女性の気滞の症状~
月経前に胸が張る・痛む、月経周期が不安定、げっぷやおならがよく出る、目が乾く、耳鳴り、頭痛、かゆみ、ほてり、手足の冷え、黄色い痰、うつ、イライラなど。

イライラしやすいのは”気”のせいかも

イライラしやすいのは”気”のせいかも…

  血
「血」は、五臓六腑に栄養と潤いを与え、不要になったものを回収するはたらきがあります。血行がよければ五臓六腑がよくはたらき、骨や関節や筋肉を丈夫にします。

・血虚/月経時の症状・調える方向
血が不足する「血虚(ケッキョ)」があると、貧血、冷え、髪のつやがなくなる、抜け毛などが現れます。また、月経時には、月経不順、月経期間が短い、経血がサラサラしている、月経が終わってからお腹が痛むことがあります。調える方向は、「食事」+「活動」+「休息」で、血を作り出すはたらき(脾・胃)を充たし血を増やします。食べてよく動いて熟睡する…そんなふだんの暮らしによって血は増えてゆきます。*食事の食べすぎは逆効果です。

・於血/月経時の症状と調える方向
血管の外にもれたものはカラダの役に立てない…内出血になります。これを「於血(オケツ)といいます。血を動かしているエネルギーは”気”です。なので、気の力が弱いと於血もできやすくなります。カラダが外からあるいは内から冷されて血のめぐりが悪くなったり、高熱によって血が煮詰まったような状態も於血をできやすくします。また、月経時には月経痛が重い、経血が黒い、血のかたまりがたくさん出る、月経周期が長い(次の月経までが長い)、月経がはじまるときに痛みが出て月経がはじまると痛みはなくなることがあります。
*血の流れが滞りかたまりになった状態を「血於(ケツオ)」といいます。原因が気滞である場合は、痛みは移動し張る感じが現れることもあります。痛みは芯の方で刺すような感じが特徴的です。

血と心の関わり
血をカラダの隅々にまで押し出しているのは「心」です。心の性質は「火(熱)」です。火の勢いが強すぎると上の方にある胸や頭に熱が集るため、目の乾きや偏頭痛、イライラ、不眠などが現れます。火の熱が血のうるおいを奪うとカラダは乾燥に関わる症状が現れます。心の勢いを調整するのは「水」の性質である腎です。心のうるおいには腎が深く関わっています。

血と肝の関わり
血を蓄え調節しているのは肝です。活動や睡眠などカラダの状態に応じてどこに、どれだけの量をどのぐらいの速さで届ければいいのかを管理しています。肝の性質は「木」。肝はのびやかさを好みます。「肝っ玉母さん」という言葉に用いられるようにどしりとした存在で、強い怒りや暴飲暴食を受けるとはたらきが弱くなります。肝が弱まると、血と気のめぐりの悪さを生んだり血於になりやすくなります。木は水を与えすぎると弱まるように、水は少しずつ飲むことはカラダのよいめぐりにつながります。

~血管と女性ホルモン~
女性ホルモンは、血管のしなやかさを保っています。閉経を迎え女性ホルモンの出る量が少なくなるのに従い血管は硬くなりやすくなります。血管が硬くなると内側の壁が傷つきやすくなります。これは、蛇口につけたゴムホースを水が強い勢いで流れるとホースの内側に傷がつくことがあることと似ています。血管の内側に傷がつくとそこが詰まりやすくなり、そこから悪玉コレステロールが侵入すると動脈硬化などの病気を招くこともあります。食事・活動・休息は血管のしなやかさにも影響します。

*悪玉コレステロールは、嫌われ者になっているようですが細胞を修復するはたらきがあります。血管にくっついた余分なものも善玉コレステロールがせっせと取り除いてくれます。カラダによろしくないのは、悪玉コレステロールが多くなりすぎると、善玉コレステロールがおいつかなくなり、血の流れの悪さや詰まりなどができやすくなることです。

:参考:
体調がいいコレステロール目安 悪玉コレステロール(LDL-C):70~139/善玉コレステロール(HDL-C):40~100mg/dl、 LDL÷HDL=2.5以下

血のめぐりは、こころも潤す

血のめぐりは、こころも潤す


「水」は、津液(シンエキ)ともいい、汗やリンパ液、胃酸など血以外の体液です。五臓六腑や肌や髪を潤し、関節の動きをなめらかにし、体温をととのえるはたらきもあります。水が不足すると喉の渇き、乾燥肌、便秘、ほてりなどを生み、水が滞るとむくみ、鼻水、冷えを生みます。