体調を決める気・血・水

体をめぐる3つの大切なもの
鍼灸や薬膳では、人の体は気(エネルギー)、血(血液、栄養)、水(血以外の体液)の3つで作られ、このバランスやめぐり方の違いによって体質や体の調子が生まれると考えます。

めぐりは大切なこと

めぐりは大切なこと

「気」は、生きる力の源です。
親から受け継ぐ気を「先天の気」、自分の呼吸と食事から取り入れた気を「後天の気」といい、合わせて「元気」「真気」「源気」ということもあります。気は「陰気」と「陽気」に分けていうこともあります。

元気=先天の気(親から受け継いだエネルギー) + 後天の気(呼吸と食事からつくられるエネルギー)
*後天の気=呼吸(天の気・陽気)+食事から取り出した気(地の気・陰気)

「気」は、私たちの体をつくる器官を動かし、動く力を送っています。成長やはたらきを調整する他、ウィルスなどの侵入を防いだり、体を温め汗を調整します。血やタンパク質など必要なものを外に漏れ出ないようにするのも気のはたらきです。

「血」は、血液そのものです。
五臓六腑に栄養と潤いを与え、必要のないものを回収するはたらきがあります。血が元気で血行がよければ五臓六腑がよくはたらき、骨や関節や筋肉を丈夫にします。

「水」は、津液(シンエキ)ともいいます。
汗やリンパ液、胃酸など血以外の体液です。五臓六腑や肌や髪を潤し、関節の動きをなめらかにし、体温をととのえるはたらきもあります。水が不足すると喉の渇き、乾燥肌、便秘、ほてりなどを生み、水が滞るとむくみ、鼻水、冷えを生みます。

 

血のめぐりは、こころも潤す

血のめぐりは心も潤す

私たちの体は、気候や食べ物のバランス、運動、思考、感情などさまざまな影響を受けます。気、血、水のいずれかが足りなかったり滞ると、さまざまな症状が現れます。それを調える力になるのも、食事や運動、休息です。