体をめぐる3つのモノ

私たち人間の体をめぐっているたいせつなもの気(エネルギー)、血(血液、栄養)、水(血以外の体液)。
この3つは動いたり調える力の源です。川のように、この流れが滞ったり足りなくなったり、多すぎても体にとってよろしいことではありません。
ここでは、気・血・水のことを少し紹介します。

血のめぐりは、こころも潤す


「気」は、生きる力の源です。

親から受け継いだ気を「先天の気」といいます。
自分の呼吸と食事から取り入れた気を「後天の気」といいます。合わせて「元気」「真気」「源気」ということもあります。気は「陰気」と「陽気」に分けていうこともあります。

元気=先天の気(親から受け継いだエネルギー) + 後天の気(呼吸と食事からつくられるエネルギー)
*後天の気=呼吸(天の気・陽気)+食事から取り出した気(地の気・陰気)

「気」は、五臓の動く力となります。
消化や吸収、成長や老化、疲れや冷え、イライラなど体のあらゆることと関わっています。

「血」は、血液そのものです。
あらゆるものに栄養と与え、必要のないものを回収するはたらきがあります。
血が元気で血行がよいと体の調子はよく、骨や関節を丈夫にし筋肉もよく動きます。

「水」は、津液(シンエキ)ともいいます。
汗やリンパ液、胃酸など血以外の体液です。
体にうるおいを与えます。肌や髪を潤し、関節の動きをなめらかにし、体温をととのえるのも水が関わっています。
水が足りなくなると喉の渇き、乾燥肌、便秘、ほてりなど乾く症状がが現れます。水が滞るとむくみ、鼻水、冷えなどの症状が現れます。

⇦「体のつながり」に戻る