体質

人には、生まれ持った”性質”と”体質”があります。体質は受け継いだ遺伝と自分の暮らし方によってつくられていきます。10人いれば10通りで、親子でも体質は違います。ですから、カラダに合うものや必要とするものなども、ひとりひとり違います。体調を崩しやすいところやなりやすい病気も違うのです。

「同じことをしているのに、○○さんと同じようにならない!」ということで不安になったり、心配することはありません。体質は違うのですから…。あなたはあなたのカラダの声に耳を傾けてゆきましょう。

「体質が変わる」って、どういうこと?
生まれながらの体質が変わることはありません。ただ、暮らし方などによってその体質が強くなりすぎたことで、調子のすぐれなさにつながることがあります。この状態から調子のいい状態に戻すことを、「体質が変わる」といったりすることがあります。

体質はみんな違ってみんないい。

体質はみんな違ってみんないい。