体質とは?

人は、それぞれに体質を持っています。体質を作っているのは、体をめぐる気、血、水と五つの臓器(肝、心、脾、肺、腎)のバランスです。体質は、生まれつきのもので、遺伝や環境によって作られると考えられています。

どこかが過ぎれば、どこかに弱さは生まれます。出すぎるものがあれば、抑える動きは生まれ、足りないものがあれば、補おうとする力がはたらき…こうした体のしくみは同じです。けれど、そもそもの体質は異なるので、例えば同じものを食べても、1日で作用を感じる人もいれば数日かかる人もいます。

⇦「体のコト」に戻る