15YA健康塾

「五行(説)」とは、自然界のあらゆるものは「木」「火」「土」「金」「水」の5つの元素から成り立っているという考え方です。

五行は、互いに生み育てる「相生(ソウセイ)」関係にあります。また、相手の力が強くなりすぎたときにはその力をコントロールする「相克(ソウコク)」関係にもあります。この関係によってバランスをとっています。

五行の特徴
「木」:伸びやかさ・広がり・進展
「火」:熱・上昇・勢いがある・向上
「土」:生み出す・豊かさ・納める
「金」:するどさ・静粛・
「水」:冷たい・寒い・潤す・下行・重い

相生関係とは?
自然なものは、相手を生み、相手によって生かされています。
例えば…「木」は、すり合わせると「火」を生じます。「火」は燃え尽きると「土(灰)」を生じ、「土」の中には「金(鉱物)」が生じます。「金」からは「水」が生じ、「水」は「木」を生み育てる…このようにどれもが、

相克関係とは?
自然なものは”勢いが強くなる”ことがあります。そのとき、その勢いを抑える存在がいることでバランスは保たれます。
例えば…「木」は、「土」の栄養分を吸収し、「土」は「水」の氾濫をおさえます。「水」は「火」の勢いをおさえ、「火」は「金」を溶かします。「金(属)」は「木」を切る…

五行と人間の体
五行に五臓六腑をあてはめると次のようになります。

木→肝・胆嚢
火→心・小腸
土→脾・胃腸
金→肺・大腸
金→腎・膀胱…

[相生関係]
・運動する→お腹がすく
・活動する→休息→活動する力が沸く。

[相克関係]
・喘息(肺)←胃腸のはたらきをよくする。あるいは腎を丈夫にする。

[バランスの乱れ]
・強いストレスを抱える→食欲がなくなる。