五臓六腑

人のカラダの内臓器官を「五臓六腑(ゴゾウロクフ)」といいます。「五臓(ゴゾウ)」は、袋状の形をしている肝・心・脾・肺・腎の五つで、カラダをめぐる三大要素「気」「血」「水」をつくり蓄えるはたらきがあります。「六腑(ロクフ)」は、管状の形をしている胆・小腸・胃・大腸・膀胱と三焦の六つをいいます。食べたものを通したり消化吸収や排泄を行うはたらきがあります。五臓六腑の考え方は、現代医学の考え方と少し違います。

五臓は、会社に例えるなら製造や管理といった部署のような役割、六腑は五臓が作ったものやいらなくなったものを運ぶ運送部署のような役割があります。どこかで仕事が詰まれば、全体に影響する…そんな関係にあります。はたらきについて、もう少し詳しく紹介します。

肝のはたらき/胆・目・筋と関わります。
肝の性質は木。のびやかさを好みます。肝のはたらきは血を蓄え血の出入りを管理すること、気血を必要なところへ送り出したり調節することなどがあります。気はめぐりは五臓六腑のはたらきを左右するので肝のはたらきは重大です。感情や自律神経と関わります。

心のはたらき/小腸・舌・血と関わります。
心の性質は火。カラダの中のお陽さまのような存在でもあります。心のはたらきは肝から血を受け取るとポンプのように血をカラダへ押し出します。血を送り出す量を決めるのも心の役割です。ポンプのはたらきが忙しくなると脈が早くなります…血圧があがるわけですね。物事を考える判断する、精神を安定させることにも関わります。

脾のはたらき/胃・口・肌肉と関わります。
脾の性質は土。大地のようにいろいろなものを生む存在です。脾は食事と深く関わります。食べものから気や津液を取り出し肺へ持ち上げます。血をつくるのも脾のはたらきです。筋肉を太くさせたり手足の力を保つはたらきもあります。脾のはたらきが悪くなると、消化吸収がスムーズにいかないだけではなく気不足を招くため、カラダの元気がなくなり疲れやすくなります。手足の冷えやだすらを生みます。脾が弱くなるとすぐ上に位置する肺にも不調が現れます。*胃は冷やされるのが苦手です。胃が冷されるとはたらきがにぶくなります。

肺のはたらき/大腸・鼻・皮膚と関わります。
肺の性質は金。肺は呼吸によってカラダの外側と内側の気を交換するはたらきがあります。また、カラダの中で一番上に位置する肺は、気や津液をシャワーのようにカラダのすみずみまでめぐらせます。皮膚調節を行い免疫とも関わります。肺のはたらきが弱くなると息を吸い込みにくくなります。脾から気を受け取りにくくもなるため気の不足を招き、カラダの外側の防衛力が弱くなるため風邪をひきやすくなります。

腎のはたらき/膀胱・耳・骨と関わります。
腎の性質は水。腎は生命力を受け取り蓄え受け渡すはたらきがあります。腎は幼児期、思春期、壮年期と成長し腎が衰えると共に老年期がつくられます。成長・発育・生殖・髪のつや、尿の排泄、耳の具合と関わります。排卵、月経、妊娠とも深く関わります。腎が肺から気を受け取ることで肺は新しい気を取り入れることができます。腎が弱くなると、骨や筋肉が弱まるため、膝や腰などにも症状が現れやすくなります。