自然治癒力とは?

転んでケガをして出血した…そんなとき。出ていた血はいつしかかたまって、カサブタができています。そのうちにかゆ~くなってきて…新しい皮膚ができるとポロッと自然に落ちます。

風邪をひいた…こんなとき。熱があがり汗をたくさんかきます。熱は体のウィルス攻撃です。といっても、熱くなりすぎるのは、体にとってもよろしくありませんから、体は汗を出して体温を調整します。ウィルスを追い出したあとは、平熱に戻ります。

こんなふうに、体が治そう、戻そう、癒そうとする力、バランスをとろうとする力を「自然治癒力」といいます。自然治癒力は、弱まることがあります。
食べたり、動いたり、楽しんだり、環境などによって力を取り戻すこともあります。

食べる。動く・楽しむことは力を生むこと
食べる・動く・楽しむことは力を生むこと

⇦「体のコト」に戻る