「陰陽・五行」の考え方

東洋には、自然を観察することから生まれた「陰陽」という考え方があります。万物は「陰気(エネルギー)」と「陽気(エネルギー)」という正反対の性質をもつ気が混ざり合ってバランスをつくり保っていると考えられてきました。

・「陰気」:左回り、上昇、拡散、遠心、などの性質をもちます。(冷やす、不活発、長い、やわらかい)
・「陽気」:右回り、下降、収縮、求心、などの性質をもちます。(温める、活発、短い、かたい)

四季を分けると、春夏は「陽」、秋冬は「陰」になります。一日を分ける場合は、日中は「陽」で、夜は「陰」。野菜では、根菜は「陽」、葉菜は「陰」となります。火と水では火は「陽」、水は「陰」ですので、生サラダと温野菜サラダでは、温野菜サラダを「陽」、生サラダは「陰」です。このように陰陽の考え方の特徴は、「これは、陰!」というように固定して考えず、「何と何を比べるか」「その二つのどこを比べるか」によって…陰と陽に分けます。

大地は陰、空は陽

大地は陰、空は陽

また、陰と陽はお互いに相手を育て、相手の力を引き出す…そんなはたらきをしたり、陰の勢いが弱くなると陽の勢いが強くなり、陽の勢いが弱くなると陰の勢いが強くなる…相手が暴走するのを抑えるはたらきもします。

光のあて方によって、変わる
陰陽は、どこから見るか、光をあてるかによって、ひとつのものが持つ陰の面と陽の面が見えてくる…そんな考え方です。

木・火・土・金・水

木・火・土・金・水

五つの要素「五行」とは?
五行とは、自然なものは五つの要素に分けらる考え方です。まずは、自然のつながりを見てみましょう。

状態 象徴するもの
のびやかさ・広がり
熱・上昇・勢いがある
生み出す・ゆたかさ・ドロドロ
するどさ・サラサラ・透明感・乾燥
冷たい・潤い・下降・重い・固まる

五行は、お互いに生み育てる「相生(ソウセイ)」関係、また、相手の力が強すぎたときに相手の力を弱める「相克(ソウコク)」関係にあります。この関係によってバランスを保っています。

相生関係とは?
「木」は、すり合わせると「火」を生じ、「火」は燃え尽きると「土(灰)」を生じ、「土」の中には「金(鉱物)」が生じ、「金」からは「水」が生じ、「水」は「木」を生み育てる…自分を生む存在と自分が生むものとをそれぞれが持っています。

相克関係とは?
「木」は、「土」の栄養分を吸収し、「土」は「水」の氾濫をおさえ、「水」は「火」の勢いをおさえ、「火」は「金」を溶かし、「金(属)」は「木」を切る…相手の勢いが強くなったときには自分が抑える存在となり、自分の勢いが強くなったときは相手に抑えられることで勢いが一方向に強くなりすぎないようになっています。

相生と相克の関係がほどよいとき、バランスは保たれます。度を超えて何かが強くなりすぎたり弱くなりすぎると、全体のバランスを保つ関係が逆にバランスの崩れを悪化させてしまうこともあります。

五行と人のカラダ
五行に五臓六腑をあてはめると次のようになります。

木)肝・胆嚢→火)心・小腸→土)脾・胃腸→金)肺・大腸→金)腎・膀胱…

[相生関係] 運動する→お腹がすく / 活動する→休息→活動する力が沸く
[相克関係] 喘息(肺)←胃腸のはたらきをよくする。あるいは腎を丈夫にする。
[バランスの乱れ] 強いストレスを抱える→食欲がなくなる

カラダのはたらきは、シンプルなようで複雑です。自分の目に見えることだけが全てではありません。なので自分の思い通りにいかないこともあれば、特別なことをしていないのに調子がよくなることもあります。

~五臓六腑のはたらき~
「肝」:気血のめぐりを調えるほか、感情や自律神経と関わります。

「心」:カラダを統括しています。血をめぐらせる原動力で意思思考、睡眠など精神活動に関わります。

「脾」:消化吸収を通して生きる力を補います。気と津液の原動力としても重要です。

「肺」:呼吸や水分代謝、皮膚調節、免疫と関わります。

「腎」:成長・発育・生殖や水分代謝に関わります。