家たいそうと進め方

普段、家たいそうをするときに、どのような体操からはじめ、進めていますか?
こういったことも見直し、安全に、またよりより作用につないでいきましょう。
ここでは、カズ流健康保存体操教室で行っている進め方を紹介します。
*体調のすぐれないとき、血圧の高いときは、体の調子に合わせて加減したり進めていきます。

①姿勢・呼吸は大木のように
大木のように大地と空をつないで立ちゆったり息をします。(カズ流健康保存体操の基本)
*立つのがつらいときは、座って行います。

②ふれる・なでる:さわやかな風が体にふれるように
手のひらで体にふれたり、なでます。
<場所>腕、足の裏、足、腰、お腹、肩、首、顔と耳、頭。
<方向>上から下、下から上、内から外、外から内など。
自分が「気持ちいいなぁ」と感じる方向になでましょう。

③関節をほぐす:風が体を動かしているように
関節は曲がるところなので、ほぐし温めることで、全体は動きやすくなります。
<場所>足首、膝(ひざ)、足の付け根、肩、手首。
<動作の例>小さな円を描くように、やわらかくまわします。

④体をゆらす・動かす:木や花・鳥・猫・龍などのように
膝と足のつま先は、いつも同じ方に向けます(基本姿勢)。
伸びやかに、やわらかく体を動かしましょう。

⑤動きをおさめる。
③→②→①の順序で、動いた体をおちつかせていきます。
*時間の目安:数分〜10分ほど

「動くコト」に戻る