体操を楽しむ

体操は、自分のカラダ(頭・体・こころ)をたいせつにするこころがけです。動く前に行えば活動がしやすくなりますし、動いた後に行うと疲れがほぐれます。習慣になるのはカラダにとってはよいことです。

「体操をして膝を痛めた」「体操をすると疲れちゃう」そんな声を耳にすることがあります。そんなときは体操のポイントや今の自分の体に合わせているかを見直してみましょう。ほんの少し変えるだけで、体操がしやすくなったり、カラダはらくになりますよ。
体操でカラダをととのえる

和み流 体操の楽しみ方
和み流の体操の基本を4つ紹介します。参考にどうぞ。

其の1) 姿勢
足は大地を押して、頭頂は空へ。背と首はのびやかにゆるめます。お腹にほどよいチカラが入り、息をしやすくしますし、動きやすくもなります。

其の2) 呼吸
フッと息吐き、ふ〜ぅと息抜き、吸う息はカラダに注ぐように。「活発に動くときの息」と「ゆったりしているときの息」。どちらがよいかというと…どちらも必要でたいせつです。けれど、カラダ(心身)が疲れていたり年をとってゆくと、この切り替えがスムーズにいきにくくなります。息は、カラダの内と外をつなぐもので、カラダのさまざまなはたらきに影響しますから、息をととのえることもたいせつにしましょう。

其の3) 動き
ゆるむ、伸びる、ねじる、反らす…というように動くところを動かしていれば、気血水はめぐります。

其の4)合わせる・加減する
息とイメージと動きを合わせます。季節や体調に合わせて方法や回数を加減します。

「どんな体操をしたらいいですか?」「この体操は何回するのですか?」と、教室で聞かれることがあります。けれど、カラダの状態は年齢によって違いますし、季節やお天気によっても違います。なので、自分のカラダがほぐれた…と感じたら、それがあなたの今日のカラダに合わせた回数です。基本をあくまでも目安ですよ。

〈靴の選び方〉靴を履いて体操をするときは、窮屈すぎず、ゆるすぎず、動きやすいものを選びます。かかとの内側や外側が減り欠けてきたら交換の時期です。欠けたものはバランスが取りにくく、履き続けると腰や膝を痛めることにもつながります。お役目が終わった靴は丁寧にお別れをしましょう。

和み流体操の仕方について、詳しくはこちらをご覧ください。→「女性の体操教室」

基礎クラスの様子

基礎クラスの様子

体操も環境に合わせる
季節に合わせて動物の体の状態は変わり行動も変わります。それは、私たち人間も同じです。季節や体調に合わせ体操の仕方や回数などを変えることは、カラダへのストレスを減らします。体操をより気持ちよく、楽しく感じられますよ、きっと。

・春のカラダと体操
春の陽気に誘われて生きものが動きはじめます。人のカラダをめぐる気も内から外へ流れる力が強くなり、毛穴などは開きはじめます。春の体操は、カラダを少しずつ動かして気の入れ替えを積極的に行います。

・夏のカラダと体操
動物の大半が涼しい時間に動くようになります。人のカラダも暑さにチカラを奪われると夏ばてに。夏は涼しい時間に涼しい場所でカラダを動かしましょう。汗をかくことでカラダにたまった熱は吐き出されめぐりがととのってゆきます。

・秋のカラダと体操
すごしやすくなり犬や猫もホッ…そんな表情をみせます。開いていた毛穴などは閉じ、カラダをめぐる気は外から内へ流れる力が強くなり、エネルギーを蓄えはじめます。この季節は脚をよく動かし下半身のめぐりをよくして冬に備えます。首がつくところを温めると冷えや疲れはとれます。

・冬のカラダと体操
寒さで動物たちの動きがにぶくなります。それは人も同じです。体は朝や夜にストレッチをすると身が温まり動きやすくなります。冷やされると疲れはたまりやすくなるので、夜は湯船につかりお腹の芯から温め潤しましょう。水分を補うことも忘れないで…。

季節に合わせて楽しむ

季節に合わせて楽しむ