暮らしを楽しむ

暮らしの中での自分の動き。ほんの少し見方を変えてみると、あれもこれも体操に見えてきます。例えば、お洗濯は腕の上げ下ろし体操、お料理は脚や手や五感をふるに使う体操に。家の中にある小さな段差だって意識したりバランスをとる体操です。家の中でのささやかなこころがけは、屋外で身を守るチカラになります。*脚の体操は、膀胱や腎臓、肝臓などの気の通りをよくします。

小さな段差は足体操

小さな段差は足体操

衣類の脱ぎ着もちょっとした体操です。病気をしたりケガをしたときには、リハビリにもなります。*肩まわりには、呼吸や消化・吸収といったことに関わる気の通り道があります。

脱ぎ着は肩周り体操

脱ぎ着は肩周り体操

手軽な体操といえば、ストレッチ。ゆっくり息してゆっくり伸びて…こんなふうに体操をすると身の声は聞こえやすくなります。おとろえているところや疲れているところ、かたよりといったことにも気づける。身が、自分はどんなことをこころがけたらいいわよーって、教えてくれるんです。

体操は、まわす、ねじる、伸びる、そらすといった手軽に自分ができるものでいいです。まずは、おなかで息をしながら、息と合わせてゆ~っくり動いてみてください。身の内側と外側の両方からほぐされてゆくのが感じられるかと思います。息はしやすくなって、指先まで温かくなってゆく…ちょっとぬるめの温泉に入った後のようなそんな身がいるはずです。

スクワットは、太ももの筋力をほどよくつけたり保ちたいときには手軽な体操です。コツは、膝を曲げるのではなく、椅子に腰を掛けるときの感じでお尻を少し後ろにつき出します。膝の向きは足先と同じ方向に。膝はつま先から出ないようにします。
膝が痛いときは、椅子に座って膝の曲げ伸ばしをしましょう。歩いてみて膝に痛みを感じなければ、散歩もおすすめです。ふくらはぎをほどよく使いますし、気分転換や気晴らしにもなりますよ。

足を軽くするストレッチ

足を軽くするストレッチ