ケの日ハレの日”家たいそう”

ケの日の「家たいそう」
朝の空気は清らかで、町の音も静かです。
日の出る方に向いて大木のように立ち、ゆったりひと呼吸。
体の内なるモノを送り出すように鼻から吐いて、それから清らかな空気を体に入れます。

腕を垂らして、おへそは右に左に、ゆーらゆら。体ゆらしは、背骨(中心)から指先へと体をほぐすので、コリや緊張もやわらぎます。神経にも響くので、これから動くぞ!そんなときにもおすすめです。

空に伸びるときは、腰をそらさず、お腹は突き出さずに、体の内側に響かせながら伸びましょう。
数回するだけで、体は温まりますし、スッキリします。
大木をお見本に、よかったら試してみてください。

ハレの日の「家たいそう」
おやすみの日は、一週間の疲れを癒すつもりで体操をしてみませんか。
普段の体操に2つ、3つ加えるのもいいですし、ゆったり呼吸をする時間をたっぷりとってもいいです。気を調えて頭や耳、目、五臓六腑の疲れも癒して、めぐらせてゆきましょう。

⇦「動くコト」に戻る