休息

空をただただ眺めていると、カラカラカラ〜カラカラン…音のするそちらを向くと、腰をふりふり風鈴たち。その様子があまりにもかわいらしくて、嬉しげなものだから近づいて見上げると透きとおる姿のあちらにぼんやりお空とおひさま。すると、カラカラン カラカラカラ〜…また、風鈴たちは踊りだした。

なんとなしに、足を腰幅ほどにひらいてカラダのチカラをゆるめてゆく…頭、肩、肘、手の指先、腰、脚のつけ根、膝、足の裏…まぶた、鼻、耳、あご、こころ…カラダの奥底から込みあがってきたものを、ふ〜〜ぅっと吐き出すと、ゆらゆらゆら ゆらゆらゆらゆら〜、こちらも踊りはじめる。

風が通るりすぎるたび、カラカラカラ〜 ゆらゆらゆら〜 カラカラカラ〜ン ゆらゆらゆら〜。

風鈴のように、こちらから見にゆくこともしなければ、聞きにゆくことも考えることもしないで、ただただ踊りは風まかせ。

数分なのか、何十分なのかはわからないけれど、なんとなくのところでお腹に向けて息を吐き、ゆっくりまぶたをあける…と、青みどり色の空がででででーーんと広がっていたりする。ンーーーッと息を吸いこむと…ウフフ。本日も晴れやかなり。

風と風鈴たちと

風と風鈴たちと