三年番茶〜女性と食〜

15YA健康サロンでは、マイレッスン(個人レッスン)やカラダのケアにいらっしゃった方に、お茶をお出ししています。暑い日は緑茶、寒い日は番茶、体調に合わせてミントやジャスミンを加えることもあります。

15YA健康サロン 本日のお茶「三年番茶」
「まろやかで、飲みやすいですねー。でも色は、濃くないんですね。…美味しい。」
そんな感想をいただきました。


この番茶について…
1年以上の茶樹の”茎”と”葉”を晩夏から”秋”にかけて収穫されたもので、蒸しあげた後に寝かせて焙煎したものです。番茶は、熱をとる緑茶とは違って体を温めます。シャキッとするより、ホッとしたいときにおすすめです。

●今日の参考「素材の持ち味を生かす・役立てる/薬膳」
・葉っぱは、体の上部に。茎は体の表面から少し中に入って作用します。
・香りの強いものは、気をめぐらせる作用があります。
・生葉(生野菜含む)は、体をうるおす作用のものが多いです。
食べすぎると体を冷やします。体を温めるものといただくと作用はやわらぎます。
・焙煎したものは、していないものと比べると温める作用があります。