五季の薬膳〜女性と食〜

薬膳仲間の皆さんと今日は薬膳料理を作りました。
薬膳料理は、季節の移り変わりに合わせて変わる体を調える料理です。食材は地産地消。季節の食材を中心として、補うものとして生薬を使う…そんなふうに考えます。

生薬というと、なんだか難しいのでは?

そう思われる人もいるかと思いますが、安心してくださーい。薬膳で使う生薬は効能がやさしいものを使います。

生薬といっても特別なものではなくて、とても身近にあります。例えば…生姜を蒸して干したもの、ゴボウ、ナスの皮も生薬です。

学んでいるとね、自然とのつながりを感じる..人は自然の一部なんだって実感するのね。腑に落ちるっていうのかしらねー。

薬膳の考え方は、奥深くて、でもシンプルで…おいしいなぁって、私は感じていて、こうして皆さんと料理するひとときも楽しくて。

さてさて、今日のテーマでしたね。デーマは「五季の薬膳」です。調理の参考にどうぞ。

●春の薬膳
花粉症やストレス対策に。
*春は、肝臓の胆嚢を守りたいので、油を使うときには控えめに。

ごぼうとセロリ菜の花の白和え


●夏の薬膳
食欲がなくなる季節も、タンパク質は大切。
あっさりした味付けで食欲をつけます。
続きを読む

がんばる女子を支える「スープ」〜女性と健康〜

手軽なお料理”スープ”。
具材によっては、ほてるときには熱を冷まし、冷えるときには温めてくれます。
どんなときでもスーーっと体に染み込んで、ホッとさせてくれる”スープ”。
今夜は、こんな具材にしませんか…

<スープの具材の選び方>
・気力が補って体を調えたいとき:
イモ、豆などホクホクするものをスープに。

イライラしやすいとき:
シソ、春菊、ゆず皮のような香りのあるものを添えてみませんか。
加えるタイミングは、できあがり直前に。煮込むと香りがうすらぎ、その持ち味をいかせなくなってしまいます。

貧血気味、肌荒れ、爪がもろいとき:
カキ、たまご、ほうれん草、クコの実など、鉄分や亜鉛を多く含むもので血力アップにつなげましょう。ビタミンAと組む合わせると吸収しやすくなります。

髪や肌がバサバサ、口が乾きやすいとき:
トマト、オクラ、白木耳、やまいもなど、トロトロするものは体を潤しますよ。

むくみがあるときは:
ハトムギ、ワカメなど海草、小豆で利尿を促しましょう。

病気はないけれど、気力体力がでないとき:
カニ、アサリ、しじみ、スッポンなど。ねっとりしたものを加えて滋養強壮に。


秋の体とこころがけ。

三輪の風もひんやり秋めいてきました。庭の片隅のキュウリやゴーヤの実りは少なくなり、ネギはふくよかになってピンっと背筋を伸ばしておいしそうです。

わたしたちの体も秋の体へ移り変わろうとしている。体を温めエネルギーをたくわえる仕度中といったところでしょうか。

続きを読む

体操ワークショップ~女性と健康~ 

「体操をしたいのだけれど指導者がいなくて…」そんな山里などにお伺いいたします。
ワークショップでは、普段からひとりでもできる体操と和み流ポイントなどを体験します。ポイントといっても難しいことはなく、”ちょっとここをこうしてみる”といったことです。ちょっとのことですが、体操の安全性や効果のアップにつながります。これまでと同じ体操なのにこんなに気持ちいいのねぇ、といったことも感じていただければと思います。

体は.、年齢や暮らし方によっても変わってゆきます。変わる体に合わせて体操の仕方や回数なども変えてゆくのはごく自然なこと。今の自分の体に合った体操の仕方を普段から取り入れ、カラダの調子をできるだけ自分で保てるように体操を役立て楽しんでいただければ幸いです。(体操・呼吸法)

講師:井上和み

・プロフィール

・ワークショップにお伺いてきる日は、日〜水曜日てす。 ご依頼・ご相談はこちらからお願いいたします。→お問い合わせ