女子の教育と牛乳ビン

「子供を産んで育てるのは、母親である女性だ。
女性にきちんとした教育をしなければ日本はダメになる。」

大正時代からこう考えて、慶應義塾大学で食を研究したり講義を開いた人がいました。
名は益田孝氏(号は鈍翁 ドンノウ)。女性の教育の大切さを常々言われていたそう。
益田氏のお仲間は肉を好む人が多く、病になる人も多かったことから、自身の主食は玄米で粗食に。
90歳で亡くなられるまで、健康の心がけとして「食事」を大切にしていたといいます。


●この可愛い瓶は、牛乳ビン。
益田氏が小田原で”益田農場”をしていたときに使われていた実物。
続きを読む